リランハイ 李兰孩

リランハイ 李兰孩

リランハイ 李兰孩

中国の山西省に生まれる、1945年15歳で、10日間の動員

肉や食料、金銭を渡して解放されましたが、

私の家庭の状況ではそれを

期待することはできませんでした。

それから数日経ってやっと、

父が地域の有志の会長に.....

ch1_10_LI Lan-hai_023

父の手で育ちました。ある日日本軍がやってきて、何人かの女性を捕らえていきました。その中から十五、六歳の女性だけが選ばれ、私と三人の女性が残りました。私たちは日本軍にやられたくなかったので、庭で逃げ道を探し回りました。

軍人はそんな私たちをあちこちに捕まえていって強姦しました。捕まったあとは水や食べ物をろくに与えられませんでした。

両親がそろっている家の女性は日本軍に肉や食料、金銭を渡して解放されましたが、私の家庭の状況ではそれを期待することはできませんでした。

それから数日経ってやっと、父が地域の有志の会長にわずかばかりの物資と金銭を渡して解放されました。

ch1_10_LI Lan-hai_021
ch1_10_LI Lan-hai_022

家に帰ったあとも病院にかかるお金がなくずっとベッドに横たわっていたのですが、村の人々がお金を集めてくれて病院に行くことができました。606号という薬(元は注射剤)を飲むと半年ぶりに体調が良くなりました。

八路軍だった夫の片腕は日本軍の爆弾で吹き飛びました。その夫は胃がんで早くに亡くなり、紡織工場で働きながら暮らしました。

* 都市に息子が住んでいるが、おばあさんは田舎が気楽だといって一人で暮らしており、時々息子が買ってくれる饅頭で食いつないでいる。部屋には毛沢東の大きな写真があり、戦時中日本軍を打ち負かした人物として認識している。

センガ Senga

センガ Senga

インドネシアのスラウェシに生まれる、1945年15歳に2ヶ月間動員

特に病気にはなりませんでしたが、

がかゆく、時々血が出ました。

医師がおらず、

治療は全く受けられませんでした。

id2_30_Senga_027

両親は農業を営んでいました。兄と私と弟の三人きょうだいで、私たちは幸せに暮らしていました。

十五歳の頃日本軍がやってきて、両親に「娘を呼んでくれ」と言いました。五人の軍人が来ていましたが、何を話しているのかは理解できませんでした。

無理やり連行され、どこへ行くのかわからず、恐怖を覚えました。

ジャングルの中に連行され、バラック(竹で造った家。インドネシアでは慰安所を指すこともある)に閉じ込められました。

一日に二人の軍人が来ました。犯されているときは頭の中が真っ白でした。魂が抜けてしまうようで、何も思い出せないほどです。

誰と行為をしたのか、一日に何人としたのか、数えもしませんでした。特に病気にはなりませんでしたが、性器がかゆく、時々血が出ました。医師がおらず、治療は全く受けられませんでした。

id2_30_Senga_029
id2_30_Senga_028

バラックには私以外にも四人の女性がいて、日本軍が統制・監視していました。

二か月間コンドームをつけずに強姦されましたが、幸いなことに妊娠はしませんでした。日本が負けて去るとき、給与や物資などはもらえませんでした。

家に帰ると、父に「何があったのか」と聞かれました。私は「軍人に食事を作っていた」と言いました。結婚後、夫にも「料理をしていた」と話しました。

* 家に帰ると、父に「何があったのか」と聞かれました。私は「軍人に食事を作っていた」と言いました。結婚後、夫にも「料理をしていた」と話しました。

イネス Ines de Jesus

イネス Ines de Jesus

イネス

Ines de Jesus

東ティモールベコに生まれる、1942年13歳(推定)に2年間動員

私も妊娠して女の赤ちゃんを産みました。

出産から三カ月が経ち、日本軍が去っていったので、

私も娘を連れて家に帰ろうとしました。

その途中で軍人と遭遇したのですが、

彼は無理やり娘を奪って連れて行ってしまいました。

tm1_09_Ines_024

日本軍が大勢上陸した際に、村長によって日本軍のもとへ送り込まれました。連行された場所には二軒の家があり、鶏や豚の檻がある隣の部屋に閉じ込められました。昼は木を切って道路を造る仕事をしました。

夜は軍人が大勢やってきました。少なくても四人、多いと八人くらいでした。歩けないほど下が痛く、苦痛でした。日本の名前がありましたが思い出せません。

軍人は食事も与えてくれませんでした。代わりに母が毎日ごはんを作って持ってきてくれました。捕まると何をされるかわからなかったので、内密に来てくれていました。

妊娠した女性も、子どもを産んだ女性もいました。私も妊娠して女の赤ちゃんを産みました。出産から三カ月が経ち、日本軍が去っていったので、私も娘を連れて家に帰ろうとしました。

その途中で軍人と遭遇したのですが、彼は無理やり娘を奪って連れて行ってしまいました。その後赤ちゃんがどうなったのかはわかりません。

tm1_09_Ines_025
tm1_09_Ines_021

家に帰っても父にはこのことを話しませんでした。二十代で結婚しましたが、夫にも話しませんでした。

二十年前に日本から神父がきて、そのときにすべてを話しました。それで子どもたちもこのことを知りました。腰痛があり、耳が聞こえません。家とお金が必要です。

* おばあさんの家へ向かう道はとても険しいので、市内に住むおばあさんの息子に同行してもらった。息子Leonel Barretoさんは初め、母親の過去を受け入れることができなかったという。それは今も変わらないそうだ。日本政府が悪いと言っている。