大阪ニコンサロンアンコール安世鴻写真展中止通告に対する緊急抗議写真展

Posted · 2 Comments
安世鴻写真展IN大阪

 

安世鴻写真展IN大阪

■期 間:10月11日(木)~16日(水)11:00~19:00(最終日17:00)

【入場無料】 ■会 場:ピルゼンギャラリー

(大阪市中央区心斎橋筋1-3-15大阪心斎橋アーケードビル大丸百貨店側 御堂筋線心斎橋駅下車5、6番出口徒歩1分。NTTどこもが入っているビルです)

アクセス http://bit.ly/QWae0Y

■主 催:安世鴻

大阪写真展のお問い合わせ先 080-3208-2425(植田)

■【トークライブ】

一枚の写真が持つ意味は、世界を変えることができるほど大きいものです。

——————————————————————-

安世鴻 写真展はなぜニコンサロンで開かれなかったのか

-日本軍「慰安婦」の肖像と、表現の自由-

トーク:安世鴻(写真家)+ゲスト:原一男さん(映画監督)ほか

——————————————————————–

■日 時:10月13日(土)19:00~21:00

■場 所:大阪市立中央会館ホール(250人)地下鉄堺筋線「長堀橋」6番出口、徒歩 8分 (中央区島之内2-12-31)

http://osakacommunity.jp/chuo/index.html

■入場無料(カンパお願いします)

■主 催:重重プロジェクト 安世鴻・日本軍「慰安婦」写真展実行委員会

080-3208-2425(植田)

2 Responses to "大阪ニコンサロンアンコール安世鴻写真展中止通告に対する緊急抗議写真展"
  1. 船田昭子 より:

     写真が趣味です。日ごろから、大阪ニコンサロンで各種写真展をよく見ています。確かにこのテーマの写真展は混乱が予想されるため、開催は大変だろうとは思います。でも、写真という芸術は真実を写すものであるはずです。正直、今回のニコンの対応にはがっかりです。もうニコンのカメラは買いたくないぐらいです。
     慰安婦を売春婦扱いして問題をすりかえようとしているアホな右翼にはうんざりです。これは戦時におきる女性に対する暴力行為です。頭の悪い右翼の攻撃には負けないでください。
     写真展にはかならず行きます。

  2. こんにちは、またブログ覗かせていただきました。また、遊びに来ま~す。よろしくお願いします
    モンクレール ダウン http://monclerbulgarie.sinaapp.com/

モンクレール ダウン にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 
  • 安世鴻写真展 IN 在日韓人歴史資料館-第11回企画展お知り合いをお誘いの上、ご参加ください^^ 在日韓人歴史資料館 第11回企画展 安世鴻写真展 重重 中国に残された朝鮮人日本軍「慰安婦」 2014年5月10日(土)~6月14日(土) 会場:在日韓人歴史資料館 協力:重重プロジェクト 連続セミナー 「今だから聞きたい!日本軍「慰安婦」問題Ⅱ」 ●5.10(土)14:00~16:00 テーマ:作家との対話 [...]
  • 重重‐消すことのできない痕跡-安世鴻写真展IN練馬第2弾1日目今日から始まった安世鴻写真展 IN 練馬 第2弾 「重重‐消すことのできない痕跡-」 今回は、中国に残された日本軍「慰安婦」被害女性たちの写真に加え、随分前から韓国国内で出会い、撮影を続けてきた人、それから今年フィリピンのロラズハウスで出会ったロラたちの写真も加わりました。 今日は安世鴻と、武蔵大学の永田浩三さんでのトークイベント。撮影にまつわる話や、被害者たちへの支援、今回初めて加わったカラー写真についての話などなど、短い時間でしたがそんなお話をみなさんに聞いてもらいました。寒い中、足を運んで下さり、ありがとうございます。 明日は、写真家の山本宗補さんゲスト!今日と同じく18時スタートです。スライドトークをして頂けるそうです。皆さんお知り合いをお誘いの上、是非ご参加ください。  
  • 安世鴻写真展 IN 練馬 第2弾 「重重‐消すことのできない痕跡-」  会期■2013年12月18日(水)~12月26日(木)11:30~19:30(会期中無休) 入場料■300円(但し、イベント時は写真のみの観覧はできません。)/大学生以下無料 イベント参加費■1000円(入場料含む) 会場■ギャラリー古藤(ふるとう) 東京都練馬区栄町9-16 ホームページ: http://furuto.art.coocan.jp 主催■重重写真展第2弾IN練馬実行委員会&重重プロジェクト 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 昨年6月、新宿ニコンサロンで東京地裁の仮処分決定のもと開催された重重写真展は、作家と作品、 [...]
  • 中国に残された朝鮮人日本軍「慰安婦」ハルモニの家修理に向けた準備状況中国に残された朝鮮人日本軍「慰安婦」ハルモニの家修理に向けた準備状況を報告します。 【住宅修繕内容詳細】 1.天井修理: 2.壁の冷気遮断のための断熱処理 3.床の強化 4.電気工事:LED電灯への交換など 5.外壁の塗装 6.室内の壁紙貼り付け これから中国上海にいるプロジェクトメンバー2名が武漢に直接調査に行きます。家を修理する際には上海にいる協力メンバーが5名武漢に駆けつけてくれることになりました。 参加者の中には塗装に詳しい方や、中国で建築学科を卒業した方なども参加します。歯医者さんもひとりいらっしゃいます。ハルモニたちに簡単な歯科検診をしてもらうことになりました。具体的な修繕方法についてどのように進め、韓国や中国で準備する材料なども分担することが決定。 [...]