プロジェクト代表=写真家・安世鴻 経歴

1971年 韓国江原道にて生まれる

日本
2012年6月 重重‐中国に残された朝鮮人日本軍「慰安婦」ハルモニたちの写真展‐東京ニコンサロン
2011年 中国に残された朝鮮人日本軍「慰安婦」講演会を日本各地で行う(名古屋、京都、大阪、瀬戸)
2007年 月刊「世界」(岩波書店)グラビア‐「重重」中国に残された朝鮮人日本軍「慰安婦」

韓国
2012年8月 重重‐中国に残された朝鮮人日本軍「慰安婦」ハルモニたちの写真展‐ソウル ギャラリー流歌軒、韓国文化芸術委員会主催
2005年 中国に残された朝鮮人日本軍「慰安婦」ハルモニたちの生活支援金支援事業‐韓国女性家族部、韓国挺身隊研究所
2003年 「눈밖에 나다(out of favor)」グループ展‐韓国国家人権委員会(所属作家)
2003年 「重重」写真展‐ソウル、中国に残された朝鮮人日本軍「慰安婦」ハルモニについて初めて写真で発表する
2003年 中国に残された鮮人日本軍「慰安婦」ハルモニ写真撮影作業
2002年 日本軍「慰安婦」ハルモニ映像作業
2001年 中国に残された朝鮮人日本軍「慰安婦」ハルモニたちの実態調査‐韓国挺身隊研究所
2000¬~2002年 韓国挺身隊研究所 ボランティア(報告冊子製作、映像作業など)
1996年 月刊「キル」グラビア‐日本軍「慰安婦」ハルモニたちの生活の場「ナヌムの家」
1991~94年 社会写真研究所にて活動

図書(いずれも韓国での出版)
2004年 『日本軍「慰安婦」』‐韓国女性家族部
2003年 『눈밖에 나다(out of favor)』‐韓国国家人権委員会
2002年 『中国に連行された朝鮮人 軍慰安婦たち2』‐HANUL出版社